スペシャルリサーチ

装甲虫ゲノセクト最終回

スポンサーリンク

装甲虫ゲノセクト最終回「捕獲完了!そして衝撃の事実」

前回はコチラ

装甲虫ゲノセクト第4話

いきなり茶番

博士「君の協力に感謝する。私の研究に欠かせないパートナーなんて呼んだら失礼なほどの活躍ぶりだ!」

私「パートナー以上の存在ってあるか?」

博士「君から得られた情報、イッシュ地方の知り合いから得られた情報、これらを合わせると、古代の虫ポケモンであるゲノセクトが浮かび上がる。」

私「ていうか前回捕まえたし」

博士「虫タイプであり鋼タイプでもある?って思っただろう。」

私「いや別に」

博士「このポケモンは、テクノバスターを使うのだが、持っている「カセット」によって技のタイプが変わるというんだ。どんなカセットがあるのか興味が尽きない。」

私「ずいぶん現代的だな…」

博士「次の調査対象は、氷タイプのポケモンだ。もちろん、ゲノセクトが、氷タイプの技を使ったという報告がある。あ、そうそう。ゲノセクトの姿をスナップショットにおさめておいてくれ。頼んだよ!」

チームリーダー対戦を3回する

個体値測定人の皆様との対戦です。バトルリーグの相手より楽です。

こおりタイプのポケモンを25匹捕まえる

ニューラユキワラシユキカブリに頼りました。ただ数が本当に少なかったので、このエピソードのタイトルも「早く出てこい!雪解けの終わる前に」にしようかと思ったくらいです。

ゲノセクトのGOスナップショット写真を3枚撮る

これの連写で済ませました。

報酬

同じタイプのアイアントでした。西半球の人しか得しない(アイアントは普段西半球にいないため)のは気のせいでしょうか。

衝撃の事実

ゲノセクトを捕獲してから図鑑を確認したのですが、

冒頭でいっていた「カセット」の挿入されたゲノセクトは別形態扱いなんですね…

要するに

EXレイドでまた捕獲しなければならないという事です。

総括

こせいだいポケモンと言っておきながらずいぶん現代的なのは改造されたからという謎は解けたのですが、

・なぜ全部のタイプのカセットを用意しなかったのか

・なぜそもそもカセットを挿入しなければならない形状にしたのか

・なぜそもそも改造する必要があったのか

・改造せずに復元したらどんな姿だったのか

・今回捕まえたゲノセクトは覚えなかった専用技「テクノバスター」はどうなるのか。

新たな謎が浮かび上がり余計に謎の多いポケモンになってしまいました。

嘘予告

別形態のゲノセクトを追い求め、Yukimatzuは来月新たなプロジェクトを立ち上げる!

次回、ポケモン探しの旅「包囲陣を創れ!ジムの黄金郷」

ポケモン図鑑は、俺が埋める!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。