新規ポケモン

ドテッコツ,ローブシン

進化させたポケモン紹介、お次は格闘ポケモンの新たな戦力ローブシンの紹介です。

ドッコラーについてはコチラ

スポンサーリンク

図鑑風コメント

No.533 ドテッコツ

ドテッコツ きんこつポケモン

”この ポケモンの すごい ところは ちからより むしろ ボールに はいる くらい ちいさく なれる てっこつを みつけた ことである。”

No.534 ローブシン

ローブシン きんこつポケモン

”しつこい ようで あるが この ポケモンの すごい ところは ボールに しまえる コンクリートを 2ほんも みつけた ことである。”

相性表

弱点 飛行、エスパー、フェアリー
耐性 岩、悪、虫

種族値表

最大CP

種族値

攻撃の高さとそこそこの耐久性能から、ジム潰しに一番使えるのではないかと思います。対人戦も技次第でかなり役立つと思います。

ローブシンお勧めの技

技1 カウンター
技2 ばくれつパンチ、ストーンエッジ

技1はタイプ一致で弱点を突ける相手の多いカウンターで。

技2はタイプ一致で、対人戦やジムバトルでのゲージ消費とダメージの割合からばくれつパンチで。

開放は格闘技の効かない飛行、虫の弱点を突けるストーンエッジで。ちなみにエスパーや毒、フェアリー、ゴーストといった他にも格闘技が効かない他のタイプにも等倍のダメージを与えられますが、ここで挙げたタイプのポケモンの中で、地面や格闘(岩技が効かない)と併用しているポケモンに出くわしたら素直に交替してください。

つまり

格闘技の効かない相手が出てきた。→

 岩技は等倍→ストーンエッジ

 岩技も効かない→交代

ローブシン入手方法

ドテッコツを交換に出すか、アメを200個用意してください。

と書きますが、私はアメ200個を選びました。

なぜかと言いますと、せっかく理想の個体値を持ったドテッコツを人に交換に出しても人に渡った時に個体値が変化してしまうのと、交換したポケモンを返してもらうことができないことがデメリットになるからです。

それにアメ200個ならチルットやコイキングの時にもっと集めていましたから、今更そんなに苦ではないので。

補足

カイリキーの上位互換!?

このグラフを見ていただけると、

攻撃力も耐久性能(HP×防御)もローブシンの方が高いという事が分かります。

しかし、

・覚える技のゲージ消費量(ストーンエッジといわなだれ)によるダメージ効率

・入手手段の多さ

と、まだまだカイリキーで差別化できる点はあります。

ドッコラーがまだタマゴやレイドバトルでしか入手できないので、いい個体のドッコラーが見つかるまではカイリキーを活躍させてください。

それに感情論ですけど、いくら上位互換のポケモンが出たからってそればっか集めて今まで使っていたポケモンを全く使わないというのも癪にさわりますからね。せっかくたくさんの種族がいるわけですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。