既存ポケモン

マグマッグ,マグカルゴ

今回は普段から出てくる赤いポケモンですが、多分旧正月だから対象になっていると思います。という事で、コイキングやブーバーはまだ図鑑風コメントが思いつかないのでいったん差し置いて溶岩ナメクジ溶岩カタツムリの紹介です。

図鑑風コメント

No.218 マグマッグ

マグマッグ ようがんポケモン

”なまえと ぶんるい からして わかりづらいが じつは ほのおを まとった ナメクジ である。”

No.219 マグカルゴ

マグカルゴ ようがんポケモン

”たいおんの たかさが 10000どに なると いわれて いる。 どのように はかったのか その ほうほうは ふめい。”

相性表

弱点(マグマッグ) 水,地面,岩
弱点(マグカルゴ) 水,地面,岩,格闘
耐性(マグマッグ) 炎,草,氷,鋼,フェアリー
耐性(マグカルゴ) 炎,虫,フェアリー,飛行,毒,ノーマル,氷

種族値

最大CP

 

 

種族値

 

マグカルゴに進化すると急激に防御が上がる…と言ってもそれでもあまり高いほうではないですが。

また、あまり能力が高めではなく、2重の弱点も多いのでバトルには向かないです…

マグカルゴお勧めの技

技1 ひのこ
技2 ストーンエッジ,オーバーヒート

技1はジムでも対人戦でもEPSの高いひのこで。なるべく早くゲージ技を打ちたいので。

技2は対人戦でのゲージ消費量の少ない2つです。ジムやレイドだとすべて同じゲージ消費量になってしまうので。

補足

マグマッグの名前の由来

マグマ(Magma)+ナメクジ(Slug)です。冒頭で溶岩ナメクジと書いたのはこれが理由です。ただし実在のナメクジはカタツムリにはなりません。

マグカルゴの体温1万度

マグカルゴの体温は約1万度と言われています(摂氏か華氏かは不明ですが)。ただしこれが摂氏の場合、沸点が10000度を超える物質は存在しない、つまり温度が1万度の液体は存在しないらしいです。詳細↓

https://www.ushio.co.jp/jp/technology/glossary/material/attached_material_04.html

という事はマグカルゴの体はガスで出来ていた…?

孵化要因になってほしい

本家ポケモンではマグマッグもマグカルゴも「マグマのよろい」や「ほのおのからだ」という特性(種族ごとに備わる特殊能力)を持っており、彼らに触ってきた相手を時々火傷させるだけでなく、タマゴの孵化に必要な歩行距離を1/2にしてくれるという効果があります。

どうでしょうNianticさん、この機会に相棒に指定したポケモンにこのような特殊能力を発揮させては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。