色違いセレビィ後半

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

皆様お久しぶりです。

前半の記事を月曜に書いたのですが、なぜか公開されていなかったため、今日前半もろとも公開することにします。

前半↓

色違いセレビィ前半

長い間投稿できずすみませんでした…

色違いセレビィの捕獲まで今日無事完了したので、報告です。

第3章

ムサシ「それにしても、サカキ様が助っ人をよこしてくださったのは本当にうれしいわ!」

コジロウ「そういえばまだお前のことを聞いてなかったな?普段はどこのチームで活動してるんだ?ロケット団はいつから?サカキ様のどんなところを尊敬してる?」

筆者「(質問多いなーオイ…)」

コジロウ「あれ、コイツどうして黙ってるの……?」

筆者「(いや答えるから待ってほしいんだけど…)」

コジロウ「いや……ちょっと待てよムサシ、そもそも助っ人を送るって話、誰かから聞いてたか?」

ムサシ「え?アタシは聞いてないわよ?」

コジロウ「いやいや、俺も聞いてないぞ!」

ムサシ「あんたが「助っ人に違いない!」って言ったんじゃない!!」

コジロウ「言ってないって!」

筆者「(ムサシが先に行ってたな(前半第1章参照))」

コジロウ「おい、お前はいったい誰だ?」

筆者「通りすがりのポケモンハンターです。」

コジロウ「…」

ムサシ「何も言わないってことは…」

筆者「無視された!!」

ムサシ「やっぱり!最初からどうにも信用ならない感じがしたのよ!もしかしてどこかのだれかに頼まれて、私たちの邪魔をしに来たのね!そうに違いないわ!」

筆者「悪いな。おれは人に指図されるのが嫌いなんだ(頼まれてもないし、邪魔するつもりもないしね)。」

コジロウ「信じてたのに!仲間だと思ってたのに!」

筆者「俺はただアニメでおなじみのお二人を一目見たかっただけなのに!!」

ムサシ「作戦を聞かれた以上、このまま帰すわけにはいかないわ!コジロウ!」

コジロウ「おう!俺たちを騙すとはいい度胸だ!せいぜい後悔するんだな!」

筆者「分かった!やなかんじーと言わせちゃる!!」

ムサシ「え?そもそもアタシ達が誰か?ですって?」

筆者「いや知ってます…」

ムサシ「なんだかんだと聞かれたら」

コジロウ「答えてあげるが世の情け」

ムサシ「世界の破壊を防ぐため」

コジロウ「世界の平和を…オイ!ちゃんと最後まで聞けよ」

筆者「そりゃもう知ってるからな…」

ミッションは

「ムサシかコジロウに4回勝つ」

「グレートスローを5回投げる」

「タマゴを3個かえす」

の3つです。

グレートスロー5回:ホーホー

タマゴ3個:エルフーン

全体報酬:ビブラーバ

でした。

最終章

ムサシ「アンタみたいなやつに邪魔されるなんて信じらんない!」

コジロウ「まさか…完全に想定外だ…。サカキ様への贈り物が…。」

コジロウ「!」

ムサシ「ちょっと!アンタの後ろにいるの、”森の守り神”セレビィじゃないの!?」

コジロウ「ちくしょう!ホントは俺たちが捕まえるはずだったんだぞ!」

ムサシ「覚えてなさい!」

コジロウ「次はこうはいかないぞ!」

ムサシ「やな感じ~!!」

筆者「あ、恒例の台詞来た…」

こちらも恒例のタップするだけの簡単なお仕事です。

報酬ポケモンはナゾノクサとタマゲタケでした。

そして全体報酬が…

皆さんお待ちかねの

セレビィ氏の登場です。

実際に捕獲する時はARが強制的に発動します。2回ボールに入っても出てきますが、3回目で必ず入る仕様になっているそうです。

近いうちにセレビィの記事書きます。通常色の捕獲時のミッションもいずれ紹介する予定です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。