しょうりポケモンを解明せよ!最終章

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

またしばらく記事を更新できずすみませんでした。

ビクティニのミッションすべて完了したので、ここで報告します。

茶番(5/6)

博士「さすがだ、君とポケモンとの絆、そしてバトルの腕、どれをとっても素晴らしい!」

筆者「そいつはどうも…」

博士「今思うと、私は、ビクティニのエネルギーの影響を受けていたのではなく、ビクティニのエネルギーそのものを体感していたんだな。」

筆者「(違いがよくわからん…)」

博士「君にも、ビクティニの無限のエネルギーをうまく使って、いろいろなことに挑戦してもらいたい。」

博士「GOスナップショットを撮るのも忘れずに。それと、フレンドにギフトを贈ることも。」

ミッション一覧

ビクティニの写真を撮る

ポケモンを30種類捕まえる

これがかなり苦労しました。

野生で大量発生している種族だけで足りない場合は、フィールドリサーチの報酬ポケモンや、ポケモンの巣を利用するといいでしょう。

ギフトを3個贈る

これはルーティンでやっていることだったのでラッキーでした。

茶番(6/6)

博士「今回も、実に有意義な調査だった。感謝してもしきれないよ。」

筆者「こちらこそ。ブログのネタが大量にできてありがたいよ。」

博士「ポケモンの世界は広大で、幻のポケモンに出会えるチャンスは少ない。」

筆者「幻でもないけど少ないやつもいるけどね。」

博士「一緒に発見した事柄を、今後の活動にも活かし、トレーナーとしての高みを目指してほしい。」

博士「そんな君のすがたを見るのを楽しみにいているし、誇りに思うよ。またすぐ会おう。」

筆者「本当にまたすぐ…ね。」

最後に

6/6はタップするだけの簡単なお仕事でした。

それではロケット団ミッションに専念します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。