装甲虫ゲノセクト第3話

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

装甲虫ゲノセクト第3話「火の中の次!それはやっぱり水の中」

前回はコチラ

装甲虫ゲノセクト第2話

晴れが続いてるからか、炎ポケモンはかなり出現してた。ほしのかけら使えばよかった…

茶番

※今回は機材トラブルのため文字のみでお送りいたします。

博士「ありがとう!君の情熱には誰もかなわないな。私も相当熱い研究者のつもりだがね…」

私「いや俺、今回はただ捕獲してるだけなんだけどな」

博士「えーと、そんなことよりなんか変だと思わないか?トレーナーバトルが行われた、では説明できない不自然さ…」

私「いやーそんな不自然な現象が続くのがこの世界だよ?」

博士「ポケモンだとすると、強力で特殊なポケモンということになる。興味深いじゃないか!ほのおタイプの次は、みずタイプに着目しよう。」

「というのも…長く続く痕跡をさらにたどると、水によるものと思われる場所が現れたんだ!これが意味するものとはいったいなんだ?」

私「火の中の次は水の中か…焦げ跡に水の跡もあったと。よし、やってやるか。」

1.ポケモンを3匹送る

前回の報酬のどっちかを送ったら、ミッションを確認する前にいつの間にか1/3達成してました(アイキャッチ画像参照)。

あとは水ポケモンを捕獲して送るだけです。

2.みずタイプのポケモンを25匹捕まえる

ひたすらニョロモとメノクラゲを手あたり次第捕獲してました。色違いは出ませんでしたが…

3.タマゴを1個かえす

日ごろ何かしらのタマゴを孵化装置にセットしているので、歩くだけの簡単なお仕事でした。

4.報酬ポケモン

タマゴ孵化がチョボマキ、全体報酬はハッサムでした。ハッサムを捕獲する際、次回のミッションの一つを果たしてしまいましたが、詳細はまた次回。

次回予告

あっさりと第3話を終わらせてしまったYukimatzu。彼はある一大決心をする。

次回、装甲虫ゲノセクト「新たなる相棒!彼は野生種ではない。」

ポケモン図鑑は俺が埋める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。