ハト―ボー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

お久しぶりです。なかなか投稿できずすみませんでした。ようやくマメパトの理想個体が出てきたので進化させました!ではどうぞ。

図鑑風コメント

No.520 ハト―ボー

 

 

 

 

 

 

ハトーボー のばとポケモン

“どこからでも じぶんの すに もどる ことが できる。ひとは これを きそうせい という。”

No.521 ケンホロウ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左が雄、右が雌)

ケンホロウ プライドポケモン

“しんかして ハトから クジャクに なった ポケモン。ポケモンの せかいでは ちがう しゅるいの せいぶつに しんか することも たまに ある。”

補足

ケンホロウのコメント内の「違う種類に進化する」というのは進化前と進化後でモデルになった生物の分類が異なっていることがあるという事です。一番わかりやすいのがジョウト図鑑のテッポウオ(鉄砲魚がモデル)がオクタンというタコのポケモンに進化する例ではないでしょうか。魚類が突然軟体動物に変化するわけです。尤も今回の鳥はテッポウオほど変化は激しくないですが、まさかこうなるとは思いませんでした。

明日朝早いので今回はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。