カラナクシ,トリトドン

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

昨日のスポットライトアワー、お疲れさまでした!!

昨日は東半球のカラナクシ、次回は西半球のカラナクシと、とにかく続きます。

特に西半球のカラナクシは普段日本にいないので、今のうちに捕獲しておくことをお勧めします。

この記事では、そのカラナクシと、進化系のトリトドンの紹介です。

図鑑風コメント

 

No.422 カラナクシ

カラナクシ ウミウシポケモン

”せいそくちに よって みためが かわる。しかし タイプと つよさは かわらない。”

No.423 トリトドン

トリトドン ウミウシポケモン

”しんかして まんなかの めだまの ような ぶぶんが ついた。しかし それに ついて あまり ちゅうもく されない。”

相性表

弱点
耐性炎、電気、岩、鋼、毒

種族値表

東半球も西半球も種族値は同じです。

防御が低いですが、HPのおかげでそこそこの耐久性能になっております。

対人戦のスーパーリーグであればその耐久性能を活かせそうですが、後述の技の都合上、活躍は難しいのが現状です…

トリトドンお勧めの技

技1どろかけ
技2だいちのちから、のしかかり

技1はタイプ一致の「どろかけ」で。もう一つの「めざめるパワー」は個体によってタイプが違うため、相手へのダメージが期待できません。

技2はタイプ一致の「だいちのちから」と、ゲージ消費の少ない「のしかかり」で。

トリトドンの覚える技2にはもう一つ「みずのはどう」がありますが、この技はゲージ消費の割に威力が低いのでお勧めしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。