コミュニティ・ディ事後報告2019/10月

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

 今月のコミュニティ・デイ、皆様いかがお過ごしできたでしょうか。台風19号のせいで延期になりましたが今月中に10月分が無事行われてありがたいです。台風の分の雨が砂漠に降ってくれりゃよかったのに…

 今回の対象はウスバカゲロウがモチーフのナックラーおよびその進化系です。尤もフライゴンの翅(一応虫がモチーフらしいので…)は厚そうですが。それはさておき、進化すると頭が仮面ライダーを彷彿とさせるなにかに変身するナックラーさんと、その変身後の画像をどうぞ。

図鑑風コメント(画像右、スマホの場合は下が色違い)

No.328 ナックラー

 

 

 

 

ナックラー ありじごくポケモン

“すりばちの かたちの すを つくり えものを ねらう。やせいで めったに でなかったのは おそらく すに ひつような すなちが すくない からである。”

No.329 ビブラーバ

 

 

 

 

 

ビブラーバ しんどうポケモン

“ぶんるいの しんどう とは はねを ゆすって おとを だす ことであり おさない ときから さっきょくを していたわけ ではない。”

No.330 フライゴン

 

 

 

 

 

 

フライゴン せいれいポケモン

“まちなかでは ハネを つかっても すなあらしは おこせない。それでも すなあらし ではないがきょうふうの えいきょうは うける。”

相性表

弱点(ナックラー)水、草、氷
弱点(ビブラーバ、フライゴン)氷、ドラゴン、フェアリー
耐性(ナックラー)電気、毒、岩
耐性(ビブラーバ、フライゴン)炎、電気、岩、毒、

※注意 虫タイプでも飛行タイプでもありません。

 ナックラーの分類が本物の蟻地獄に似てないのに「ありじごくポケモン」だったり、ビブラーバのモチーフがウスバカゲロウだったり、そしてフライゴンが翅(虫がモチーフに交じっているらしいので一応)を生やして空を飛んだりしていますが、彼らは地面タイプです。ビブラーバに進化してドラゴンタイプが付きます。

ウスバカゲロウについて→https://ja.wikipedia.org/wiki/ウスバカゲロウ

 あとフライゴンは空を飛んでいますが、タイプの都合上地面技のダメージ倍率が等倍です…お間違えの無いように。

種族値表

ポケモン名最大CPHP攻撃防御
ナックラー127412816278
ビブラーバ122513713499
フライゴン2661190205168

 実はこの系統、一回中間形態(ここでいうビブラーバ)に進化するとなぜかCPが下がる珍しい種族なんです。2019年現在他にいないと思います。Pokémon GOの世界でいかに攻撃力の高さが重要なのかがわかる表になりました。ビブラーバに進化して実際に下がったのは攻撃力だけなのに…

 あと今回はフライゴンのお勧め技や使い道が長くなりそうなので、見出しを付けときます。

フライゴンの使い道

A.対人戦のスーパーリーグ(CP1500未満)かハイパーリーグ(CP2500未満)で活躍させるといいでしょう。

 まずこちらの表を見ていただきたいです。

ポケモン名最大CPHP攻撃防御
フライゴン2661190205168
ガブリアス3962239261193

 おわかりいただけただろうか。残念ながら同じタイプのガブリアスの劣化になってしまいます。フライゴン自体そこまで弱いわけではないんですが…しかもガブリアス以外にもカイリューやドサイドンなど、ドラゴンや地面にはもっと強いポケモンが多いので、レイドバトルやジム潰しでは出番を彼らに譲ることになりそうです。ただし対人戦では覚える技のタイプやCPが高めのポケモンが少ないという理由から約に立ちそうです。

フライゴンのお勧め技

 技1:マッドショット 

 1秒ごとのゲージ蓄積量(いわゆるEPS)がドラゴンテールより高く、技2を連発しやすくするためです。(マッドショットのEPS:11.67(ジム・レイド)4.5(対人戦))(ドラゴンテールのEPS:8.18(ジム・レイド)3.33(対人戦))

 技2:だいちのちから、ドラゴンクロー 

 今回のイベント限定技の「だいちのちから」、そしてドラゴン技の「ドラゴンクロー」は消費ゲージ量が少ないので、倒される前にゲージ技で相手にダメージを与える頻度を確実に上げることができるためです。また、「だいちのちから」は対人戦で10%の確率で相手の防御力を下げる効果もあるので、技1を使うときにマッドショットだと心配な1秒ごとのダメージ(いわゆるDPS)も多くなります。ちなみにガブリアスはこれらの技を覚えないので、小回りが利くという差別化ができます。フカマルのコミュニティ・デイが来たらどうなるんでしょう…

 もしイベント前に進化させてしまった個体がいたら、技1はマッドショット、技2はドラゴンクローで、もう一つ開放する時はストーンエッジでいいと思います。氷ポケモンやトゲキッス対策もできる(その前に倒されるかもしれないというのは禁句)のと、ガブリアスがおぼえないのが理由です。

 結論:とにかくフライゴンには地面技とドラゴン技の両方を覚えさせてください。対人戦でつぶしのきくポケモンにしたいので…

補足

ビブラーバの図鑑風コメントに出てきた「幼い時から作曲~」のくだりはクラシック作曲家W.A.モーツァルト氏(5歳の時にはすでに作曲を始めて、神童と呼ばれた人)を思い出し、神童と「翅をゆする」方の振動をかけた結果です。

 フライゴンは空を飛んで砂嵐を起こすので”砂漠の精霊”とよばれているそうです。別にフェアリータイプではないしフェアリー技を覚えるわけではないですが。そしてこの辺で砂漠はないので起こしようがないですが…公園の砂場とか?また、「強風の影響を受ける」は、Pokémon GOだと強風の時にドラゴン技の威力が少しあがるためです。

この記事で「羽」じゃなくて「翅」にしたのは、ビブラーバのモチーフがウスバカゲロウだったからです。虫とドラゴンが混ざったような見た目のフライゴンも見た目だけは虫の仲間でもいいんじゃないでしょうか。

 羽と翅についての詳細→https://chigai-allguide.com/羽と羽根/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。