ヒンバス,ミロカロス

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

相棒と一緒にイベント、皆様いかがお過ごしでしょうか。相変わらずこちらは色違いが全く出ておりません…

今回のヒンバスも、事前に捕まえたものの画像を利用しています。

それではそんな第二のコイキングことヒンバスと、進化させるために相棒にしなければならないミロカロスの紹介です。

スポンサーリンク

図鑑風コメント

No.349 ヒンバス

 

ヒンバス さかなポケモン

”ひんそうな みためだが せいそくすうが すくないため じゅようは おおい。トレーナーに とって ポケモンは みかけに よらない そんざい である。”

No.350 ミロカロス

ミロカロス いつくしみポケモン

”いつくしみとは あいてを たいせつにする ことである。たいせつに した けっか みためが だいぶ へんかした。”

相性表

弱点電気、草
耐性炎、水、氷、鋼

種族値表

最大CP

種族値

ミロカロスに進化すると耐久性能がものすごく高くなることが分かります。技構成が同じで攻撃がもっと高いカイオーガがいるので活躍の場は少なくなりそうです。まだカイオーガを持ってない場合、水ポケモンの戦力として活躍させてください。

能力値だけで見たらハイパーリーグで一番活躍できそうですね。それとスーパーリーグ以外だとカイオーガに場所を取られがちなので…

ミロカロスお勧めの技

技1どちらでも可
技2なみのり、ふぶき

技1はタイプ一致のたきのぼりか、同タイプとギラティナ対策にドラゴンテールか、どちらでもいいと思います。ドラゴンテールならカイオーガも覚えないですし。

技2はタイプ一致でゲージ消費の少ないなみのりと、草・ドラゴン対策のふぶきで。

ただふぶき自体ゲージ消費量が高いので、あらかじめ他のポケモンで相手のシールドを削ってからミロカロスを出したほうがいいです。

補足

みんな大好きヒンバス

本来の図鑑説明文だと「見た目が貧相で誰にも相手にされない~」という趣旨の内容ばかりのヒンバスですが、

実際そんなわけないでしょう。

ただでさえ普段は出現頻度が少ないのに色違いも実装されていると来たら、これはもうポケモンのゲームのプレイヤーなら注目せざるを得ないわけです。

そう、実は本家でも大変入手しづらいポケモンとして有名です。ポケモンの世界でどの地域でも出現場所が決まっており、しかもその水上ならどこでもいいというわけではなく、さらにヒンバスの出現する地点を特定しなければならないわけですからこれがもう大変で大変で…

ポケモン図鑑を埋めたい人にとっては待望の存在でございます。

ヒンバスとコイキングの違い

色を除けばコイキングと似たような存在のヒンバスですが、技2がわるあがきではなくミラーコートになっています。要するに進化する前からいろいろ技を習得してくれるのがヒンバスです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。