モンジャラ,モジャンボ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

メガシンカのイベント、メガセプテンバーが始まりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

メガシンカしたポケモンのレイドバトルが行われている中、様々なポケモンが大量発生しています。

残念ながら大量発生している中でメガシンカする種族はプテラとケーシィ、キモリ、アチャモくらいです。プテラや他の3種族の進化系も2020年9月現在メガエナジーを集めることはできません

ただ大量発生しているポケモンの傾向を見ると、まさかメガシンカしたポケモンの弱点を突けるようになっているのではないかという疑惑が出ています。

今回の記事に出てくるモンジャラも、モジャンボに進化させるとメガカメックスの弱点を突けるポケモンになるので…

大量発生中で、なおかつメガカメックスの弱点を突けるポケモン↓

キモリ,ジュプトル,ジュカイン

コイル,レアコイル,ジバコイル

それでは本人(人じゃなくてポケモンだけど)はメガシンカしないけれど、今から捕獲しても間に合うメガカメックスの弱点を突けるポケモンの1匹と、その進化前の紹介です。

 

図鑑風コメント

No.114 モンジャラ

モンジャラ ツルじょうポケモン

”ツルで なかみを かくして まわりから みえない ように したが ツルの いろで すぐに みつかる。” 

No.465 モジャンボ

モジャンボ ツルじょうポケモン

”しょくぶつじょうの ツルは あたたかい じきに どんどん のびていく。もんだいは こうごうせい できるか どうか である。”

相性表

弱点炎、氷、虫、毒、飛行
耐性水、草、地面、電気

種族値表

最大CP

種族値

モンジャラの時点でもバランスがとれており、対人戦のスーパーリーグで活躍できそうな能力を持っています(実際は技の都合でお勧めしないですが)。

モジャンボに進化すると、バランスの良かった能力いずれも高めといえるほど上昇します。レイドバトルだともっともっと攻撃の高いポケモンが多く、活躍の場を取られがちなので、対人戦が主な活躍の場になりそうです。

もっと攻撃の高いポケモンがいるとはいえ、メガカメックス対策のおすすめポケモンの中には今からだと入手しづらいポケモンも含まれるので、そんな彼らの代役は務まる能力だと思います。

モジャンボお勧めの技

技1つるのムチ
技2パワーウィップ、いわなだれ

技1はタイプ一致かつゲージの貯まりやすいつるのムチをお勧めします。

技2はジムでも対人戦でもゲージ消費の少ないパワーウィップと、炎・氷・虫・飛行対策のいわなだれで。

草ポケモンで岩技を覚えるポケモンは少ないため、いわなだれは他の草ポケモンとの差別化につなげることもできます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。