ワンリキー,ゴーリキー,カイリキー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

今月(2021年1月)のコミュニティ・デイお疲れさまでした。

ほしのすな3倍や格闘タイプのプラチナメダルへの貢献など、様々な要素があったのですが、皆様成果はいかがでしたでしょうか。

ここではそんなコミュニティ・デイの対象になった50音順最後を死守し続ける彼らと、その進化系の紹介をします。

イベントの報告はまた別記事で。

スポンサーリンク

図鑑風コメント

No.066 ワンリキー

ワンリキー かいりきポケモン

”この ポケモンの さいだいの とくちょうは とうじょう してから ずっと ごじゅうおんの さいごを しめている ことである。”

No.067 ゴーリキー

ゴーリキー かいりきポケモン

”わんりょくが すぐれた ポケモン であり ロシアで しょうせつを かいた ひとでは ない。”

No.068 カイリキー

カイリキー かいりきポケモン

”うでが 4ほん あることが さいだいの とくちょう。ぜんせかいの ピアニスト から たいぼうの めで みられる。”

相性表

弱点エスパー、飛行、フェアリー
耐性岩、虫、悪

種族値表

攻撃の高さが際立っていることは皆さんもご存知の通りかと思います。

しかも格闘タイプという事で、ノーマルタイプのポケモンに弱点を突けるため、ジムバトルで引っ張りだこかと思います。

対人戦でもいい技が揃っているので、バトルリーグで見かけたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

という事で、カイリキーがどのバトルでもお勧めできるポケモンというのが結論です。

カイリキーお勧めの技

技1カウンターorからてチョップ
技2いわなだれ,ばくれつパンチ,クロスチョップ

技1はタイプ一致のカウンターで。

もしからてチョップを覚えている(現在レガシー技)カイリキーをお持ちの方は、そっちを覚えさせたままにしておいてください。

からてチョップの場合ジムバトル・レイドバトル中でのゲージが貯まりやすいので、技2を連発しやすくすることができます。

技2はジムならばくれつパンチ、対人戦ならゲージ消費の低いクロスチョップ、そして開放する場合はいわなだれで。

いわなだれは格闘技の効かない虫・飛行のポケモンの弱点を突くことができます。

イベント限定の「しっぺがえし」はどうかという話ですが、ゲージ消費が多いので、使い勝手でいわなだれに一歩劣るイメージです…ただしジム戦ではゴースト対策にもってこいです。

ローブシンとの差別化

ローブシンの記事でも書きましたが、耐久性能も攻撃も実はローブシンの方が少しだけ高いです。下の記事とグラフを見ていただければ分かるかと思います。

ドテッコツ,ローブシン | ポケモン探しの旅 (pokemon-sagashi.com)

しかしまだまだカイリキーの方が活躍させやすい点はあるため、捨てたもんではありません。

そんな差別化できる点を紹介していきます。

岩技

ローブシンも岩技を覚えますが、ストーンエッジのみとなっております。

カイリキーもかつてはストーンエッジを覚えたのですが、現在はレガシー技になりました。その代わりにもっとゲージ消費の少ないいわなだれを習得できるようになりました。

そのため、苦手な相手への対抗手段はカイリキーの方が使いやすいのではないでしょうか。

進化コスト

ドテッコツからローブシンに進化させるのにアメが200個必要です。

ゴーリキーからカイリキーに進化させるのはアメ100個で済みます。

 

と並べて書くと必要なアメの量は少ないので、その分強化に充てることができます。

入手機会

ドッコラーの入手機会といえばレイドバトルとタマゴくらいです。

ワンリキーの入手機会はタマゴだけでなく野生でも出現します。公園に巣も作ります。

要するにワンリキーのアメの方が貯まりやすいので、カイリキーへの進化もしやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。