イシツブテ,ゴローン,ゴローニャ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

本日のスポットライトアワーもお疲れさまでした。

今回はほしのすなが2倍だったということで、ほしのかけらをお持ちの方はほしのすな稼ぎの貴重な機会になったのではないでしょうか。

特にお住まいの地域が晴れだった場合は天候ブーストがイシツブテにかかっていましたからほしのすなはさらに倍増したかと思います。

それでは今日大量発生したイシツブテの紹介をどうぞ。

図鑑風コメント

No.074 イシツブテ

イシツブテ がんせきポケモン

”いしつぶに てが はえた みためで なまえが きまった わかりやすい ゆらいの ポケモン。”

No.075 ゴローン

ゴローン がんせきポケモン

”いっけん わかり づらいが うでが 4ほんに なっている。だから どうしたと いわれたら それまで。”

No.076 ゴローニャ

ゴローニャ メガトンポケモン

”この ポケモンの さいだいの なぞは ゴローンの ときに はえていた 2ほんの うでが どこへ いったのか という ことである。”

相性表

弱点水、草、氷、格闘、地面、鋼
耐性炎、岩、電気、毒、ノーマル、飛行

種族値表

最大CP

種族値

ゴローニャを見ると、耐久性能や攻撃面を見ても問題ない能力に成長していくことが分かります。

対人戦(耐性は多いけど弱点も多いことに注意)でもレイドバトルでも役立ってくれると思います。

ただ岩タイプだと種族値だけは上位互換のポケモン(ギガイアス、ドサイドンなど)もいるので、覚える技で差別化していきたいです。

ゴローニャお勧めの技

 

技1いわおとし
技2じしん、ロックブラスト

技1は威力重視のいわおとしで。どろかけでもいいですが、どちらの技もゲージの貯まりやすさは高くないので…

いわおとしにはうちおとすほどの威力はありません

しかし技1発1発の時間がうちおとすより短いので、ゲージを貯めたらすぐに技2を出すことができます。

技2はゲージ消費量の少ないロックブラストと、開放するならタイプ一致のじしんで。

岩タイプの攻撃が高いポケモンは大抵ストーンエッジかいわなだれを覚えるので、彼らが覚えない技を覚えさせることをお勧めします。

ゲージ消費が少ないとそれだけ技を出すことのできる頻度もあげることができます。つまり対人戦でのシールド削りにも役立ってくれるという訳です。

じしんの方は岩技の効かない相手にどうぞ。

補足

ゴローンの腕の謎

ゴローンをよく見ていただくと分かるように、腕が4本生えております。

しかしゴローニャに進化すると腕が2本に減ってしまいます。

詳細も根拠も不明ですが、インターネット上では

ゴーリキーと遺伝子の一部が入れ替わったのではないかという説が出ました。

ゴーリキーもゴローンも他の人との交換で進化させることができる種族です。

また、カブルモのように交換での進化ができて、進化するとチョボマキの殻を装備したポケモンになったという事例もあります。

このように、ゴローンが進化する時に同時に進化する時に同じく進化するゴーリキーに体の一部を持っていかれたのではないかと言われています。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、信じるか信じないかはあなた次第。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。